私も、あなたも大切だから

もしかしたら・・・
でも、まさか・・・

なんだか違和感を感じたとき、あなたなら誰に相談しますか?

性病に悩む人のほとんどが、パートナーや家族や友人に言えず、一人で抱えてしまっているのです

性病に対する軽率な姿勢、偏見、偏った知識

それらがまた性病の感染を広げている原因にもなっています

一人で悩まずに自宅で簡単にできる性病検査をしてみましょう






性病にかかったらどんな症状が出るのか?

性感染症になってもその症状が出ないことが多くあります
クラミジア感染症はその代表例です
女性の症状は、痒み、痛み、おりものの増加などで、男性の症状としては、排尿の際の痒み、痛み、ペニスの先から膿が出る、などがあります

かかったらなおるのか?

もし性病かな?と違和感を感じたら、できるだけ早めに男性は泌尿器科へ、女性は産婦人科で診てもらう必要があります
診察を受けるのが早ければ早いほど、当然治りも早くなります
しかし、医師の治療を受けても原因となるウィルスや菌を体内から消すことができないモノもあります
ヘルペスやエイズウイルスはその代表例です

放っておいたらどうなるのか?

女性の場合、放っておくと骨盤の中まで入り込み、激いし腹痛・炎症を起こす可能性があり、妊娠しにくい体になってしまう弊害も考えられます
また、HPV(ヒトパピローマウィルス)という性感染症の一部の種類のものに感染すると、将来子宮頸がんになる可能性が高まってしまいます

男性の場合、性病を放っておくと副睾丸炎や前立腺炎、不妊症(精子が通る管がふさがってしまう)を発症することがあります


自覚症状がない性病と診断されるのが怖くて、なかなか病院に行けない

治療するタイミングを逃してしまう前に、自宅で検査をしてみましょう


  ↓ ↓公式H.P.はこちらから


リンク
リンク集1
リンク集2

運営者情報





【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

合コンゲーム